Loading...

お薬コラム

夏のエアコン活用法

暑い夏。涼しく快適に過ごす、そして厳しい暑さから身を守るために、エアコンはもはや必需品と言えるかもしれません。しかし、使い過ぎや間違った使い方をしていると、体によくない影響が出ることがあります。

暑い時には無理せずに冷房を使用しましょう!

『エアコンを使うと電気代が心配…』という人は、家の中でエアコンを使う部屋を決めてしまいましょう。その部屋だけで冷房を使用すれば節電に繋がります。また、扇風機で風を壁に当ててエアコンと併用すれば、冷気が部屋全体に行き渡ります。

◎設定温度は28℃くらいに

◎風を体に直接あてない

◎部屋に長時間こもって使わない

◎寝るときにはタイマーをセットする

『冷房病』とは…

 

 

 

冷房の強い環境により自律神経の機能が乱れる病気です。

自律神経が乱れて、肩こり、体・筋肉の痛み、下痢、便秘、だるさ、めまい、足腰の冷え、せき、イライラ、不眠など、さまざまな症状が現れます。

『冷房病対策』

◎入浴で血流改善

 入力すると温まるだけでなく、水圧によっても血行・リンパなどが流れるので代謝も良くなります

◎夏だけど防寒対策

 ひざ掛け・腹巻・靴下などで冷え対策をしましょう!

◎温かい食事・温かい飲み物「体を中から温める食品」をとりましょう!

 例えば、ショウガ・ニンニク・玉ねぎ・かぼちゃなど

『暑い外気』と『寒い室内』の寒暖差に負けない体を作り、エアコンと上手に付き合いましょう。

 

 

contact | お気軽にご意見ください。

ご意見ボックス
ご意見ボックス