Loading...

お薬コラム

インフルエンザ予防接種の必要性

インフルエンザ予防接種はインフルエンザウイルスの感染を防ぐわけではありませんが、体内にウイルスに対する抗体を作っておくことで、感染しても発症を抑えたり症状を軽くすることができます。

インフルエンザの予防接種の有効率は、健康な成人では70〜90%であるといわれています。

また13歳未満の子供は免疫力が低く不安定なため、2回接種が推奨されています。1回の接種ではインフルエンザウイルスに対する十分な免疫が得られないため、2回接種するようにしましょう。2回目を受けるタイミングは、1回目の接種から2~4週間後です。

インフルエンザワクチンは接種後2週目から抗体が上昇し始めて1か月でピークに達し、その効果は約5か月間持続します。
予防接種は自然感染に比べると作り出される免疫力も弱く、一度得られた抗体は時間が経つにつれて徐々に少なくなっていきます。
インフルエンザウイルスは変異する可能性があり、流行する型も年によって異なるため、予防接種は毎年受ける必要があります。

インフルエンザワクチンを注射してから2週間ほど経過してからです。

インフルエンザ予防接種の効果がどの程度でるかは、体にある免疫と抗体が大きく関わっています。そのため、免疫力を高めるような生活習慣を意識することがとても大切です。
免疫力が低下していると、ワクチンの効果を十分に得られることができません。過労やストレス、睡眠不足、偏った食生活といった負担は免疫力を下げる原因になります。また、肌荒れや口内炎は免疫が下がり始めているサインなので見逃さないように気をつけましょう。

 

contact | お気軽にご意見ください。

ご意見ボックス
ご意見ボックス