Loading...

お薬コラム

その夏バテ実はエアコンが原因かも!?

毎年夏になると、どうも体調がよくない…そんなふうに感じていたら、もしかすると「冷え性」かもしれません❗

夏の冷え性の引き金となるのが、エアコンによる冷房病です。

エアコンのきいた部屋にいると、「ちょっと肌寒い」と感じることがあります。そうした状態が長時間続くと体は大きなストレスを受けます。
とくに影響を受けるのは、自律神経系(交感神経と副交感神経)です。暑い季節になると私たちの体では、本来なら副交感神経が活発に働き、血管を拡張させ体内の熱を外に出そうとします。ところがエアコンで体が冷えると、反対に体温を逃がさないように交感神経が働いて血管を収縮させます。そのため血流が悪化し、冷えなどの症状が起こります。
その状態がつづくと、次第に自律神経がダメージを受け、体温調節が上手にできなくなってしまいます。
冷えた室内から30度以上の室外へ出ると
健康な人では少したつと体全体が温まり、発汗します。ところが冷房病になると体がなかなか温まらず、汗もかきにくくなります。汗をかかないと疲労物質が体内にたまるため、全身のだるさや疲れやすさ、さらには夏バテの原因ともなります。

★エアコンとの上手な付き合い方★
エアコンの標準的な設定温度は、25~28℃が良いとされています。ただ体感温度は人によって違うので、「寒い」と感じない温度が基本となります。
外気温との差が大きいと、外出時の体へのストレスも強くなります。よく出入りする場合には、エアコンの設定温度は「外気温マイナス3~4℃」をひとつの目安にしてください。

まだ暑さが続きますので
上手にエアコンや扇風機を使って
夏を乗り越えましょう!!😀

contact | お気軽にご意見ください。

ご意見ボックス
ご意見ボックス