Loading...

お薬コラム

お薬手帳の必要性について

 

薬局や病院にかかる際必ずと言っていいほど「お薬手帳はありますか?」と確認されるのではないでしょうか?
今回はお薬手帳とは?なぜ必要なのかを説明させていただきます。

★お薬手帳とは?
いつ、どこで、どんなお薬を処方してもらったかを記録しておく手帳のことです。
複数の医療機関を受診する時や、転居した時など、『お薬手帳』を見せるだけで、あなたお薬のことをわかってもらえます。
その他に
旅行する時・薬局で薬を購入する時・転居して、新しい医療機関を受診する時・休日診療所や救急病院を受診する時・災害にあった時
こんな時にも役にたつのが『お薬手帳』です。

★どうして出した方がいいの?
・薬の重複やよくない飲み合わせを未然に防止できます。
・同じ薬による副作用の再発を防止できます。
・薬の使用の記録があることで、より安全に薬を使用することができます。

Q.薬局で薬をもらったとき、『お薬手帳』を作ったけれど、他の薬局で薬をもらう時も使えるの?
A.お薬手帳は、あなたの手帳です。 薬局ごとに分けるのではなく、全て1冊で管理。どこでお薬をもらわれる時も、記入してもらうとよいでしょう。

Q.いつも同じ薬しか飲まないが、『お薬手帳』は必要なの?
A.「同じお薬を継続して服用している」ことを記録しておけば、他の医療機関を受診する時や、薬局で薬を購入する時などに、「いつもの薬といっしょに飲んでもよいか」をチェックしてもらえます。

お薬手帳は薬局でお声を掛けていただければすぐに無料で作ることが出来ますのでお気軽にお声かけください!

 

contact | お気軽にご意見ください。

ご意見ボックス
ご意見ボックス